脱毛と精神病

脱毛と精神病

脱毛と精神病

 

脱毛サロンに行くと、薬の服用はしているか等必ず聞かれると思いますが
これには理由があります。
薬の服用によって光脱毛が出来ないことがあるのです。
皮膚系の病気を患っている人は特に受けられなく、
他に精神病を患っている人も脱毛の施術が受けられないようです。

 

これは服用している薬に問題があって、
サロンで施術をうけるのに光を当てるのですが、
その光に過剰に反応してしまってシミのようになってしまうのです。

 

中には火傷をしてしまったりすることもあるようです。
中には精神病をサロン側に隠して施術を受けている人も居るようで、
なにも起きてないから大丈夫だと言っている人も居ます。

 

ですが、脱毛サロンは病院ではないのでもしなにか起きたときには
サロン側は責任を取れません。
そのように隠して施術を受けるときは自己責任になりますよ。

 

多くのサロンでは服用している薬があるときには
主治医の許可を得るように言われるか、
施術を断られる可能性もあります。

 

いくらドクターサポートの付いているサロンでも、
カウンセリング時にウソの申告をしてはいけませんよ。

 

脱毛してキレイになりたいのもわかりますが、
自分の身体が一番ですので自分にあったムダ毛の処理をしましょう。
サロンに行くときには主治医に相談してから行くのがいいですよ。